電話でご相談 WEBでご相談
事例 Cases
遺言書の作成

遺言書の作成1

遺言書の作成1

相談者様について

60代 | 男性

依頼前の状況

依頼者の母は,一人で居住しており,逝去後,母の自宅が空き家となって残された。
相続人の子らは,母の状況を把握しておらず相続手続について何から手を付けていいかわからない状態であった。
依頼者の兄弟とは疎遠で話し合うことは難しい状態であった。
弁護士分野の遺産分割,税理士分野の相続税申告,司法書士分野の相続登記等各士業の職務分野が複雑に絡み合う事案である。

サポート内容

  • 相続税申告
  • 相続手続き代行費用
  • 公正証書遺言書作成サポート費用
  • 相続税の現状分析

サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足サポート内容の補足

結果について

まず,相続人である長男と連絡を取り,遺産分割の方針等を税理士の意見も交えて話し合った。
自宅については,売却して,売却代金を分けるのが望ましいとの結論になった。
当事務所で不動産の相続登記を行い,自宅の売却,残置物撤去等は当事務所の関連企業等に依頼し,速やか売却した。
税金面でも税理士のアドバイスにより,被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例を使用したことから,400万円近くの節税を実現した。
その他預金の解約手続き等,相続手続等は当事務所グループですべて速やかに完了させた。

相続問題に関する
お悩みを
相続専門
税理士
あなたの
立場にたって考え、

サポートいたします!